料理が嫌いという方は、レトルトや出来あいものに味付けし直しや具を足すという方法で入っていくといいです。

料理好きの韓国人に教わったキムチ

料理をすることが楽しくなるおすすめの方法

料理好きの韓国人に教わったキムチ 料理をするというのは相当に手間のかかる仕事です。最近は、母親が家族全員の食事を毎日欠かさず作っていた姿を思い出すと、感謝の念をことさら強く感じるようにもなりました。それもこれも、自分自身が歳を重ね、健康というものに自然と向き合うことができる年齢になったからなのかもしれません。当たり前に、料理されて口に入ってくるものによって自分の体はできているということを、いくつかの病気を経験することによって自覚するようになったからなのだろうと思います。

そういった健康にとって大切な食事を作る料理という行為をもっと手軽に楽しくする方法はないものでしょうか。私がお勧めする方法は、「できれば」料理する、というアプローチです。できれば、というのは、精神的、時間的に余裕があれば手間を加えて自分で料理を完成させるという意味ですが、基本はレトルトや出来あいものが中心だと思っていただければいいです。

どういうことかというと、買い物をしてまったく料理する気が起きなければ、買ってきたものをそのまま食べればいい、料理する気力があれば出来あいやレトルトを少し具を足したり、味付けを変えたりして自分の料理に仕上げするという方法です。これによって最低限の手間で料理ができ、自分に料理癖をつけ、今日はレトルトベースでなく自分で一から作ろうかと自然に移行できるという効果が期待できます。料理嫌いの方にお勧めの方法です。

Copyright (C)2017料理好きの韓国人に教わったキムチ.All rights reserved.