満腹であっても腹に入る料理の代表はラーメンと寿司です。寿司は夜食のお土産をイメージすればわかるでしょう。

料理好きの韓国人に教わったキムチ

どんなおなかの具合でもおすすめできる料理は寿司

料理好きの韓国人に教わったキムチ 人は、空腹であればどんなものでもおいしくいただくことができます。もちろんアレルギーなどは除外して考えますが、空腹は最高のスパイスという言葉は誰が言ったのか知りませんが本当にそうだなと思います。では空腹でない時であってもおなかにすっと入っていくものでお勧めの料理といえばなんでしょう。

これは人により意見が分かれるところではないかと思いますが、個人的な意見としては、ラーメンと寿司が双璧ではないかと思います。ラーメンは、飲んだ帰りの最後の一杯、締めとしての役割も担う重要な料理で、満腹であっても腹に入っていく一番有名な食べ物かもしれません。

しかし、それを凌ぐものが寿司だと思っています。寿司はもともとファストフードの位置づけで発展した料理ですから、一貫の大きさは小さくできています。一口で食べられます。ここがポイントです。一口で口に入り、かつ、さっぱりとした中に魚独特の油を感じ、酢飯できりっと味覚をしめてくれる寿司は空腹を満たす場合だけでなく、満腹であっても腹にに入ります。その証拠に、お寿司のお土産をぶら下げた会社員をイメージすることは簡単にできるのではないでしょうか。それだけ昔から夜食としての定番として定着していたという証拠でもあります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017料理好きの韓国人に教わったキムチ.All rights reserved.