長年海外に暮らす料理上手の韓国人の奥様が、浅漬けでも食べられる簡単キムチの作り方を教えてくれました。

料理好きの韓国人に教わったキムチ

料理好きの韓国人に教わったキムチ

料理好きの韓国人に教わったキムチ 簡単キムチの作り方をご紹介したいと思います。私は三年ほど前、世界中を転勤している韓国人夫婦と知り合いました。2人とも大学を卒業して、三十年以上海外で生活しているのに、韓国料理が大好きで、奥様は自然と海外で手に入るものを使ったキムチを作るようになったようでした。キムチを作るなんて、料理する以上に、なんだか難しそうだと考えていた私に、彼女は「大丈夫大丈夫!」と言って、合計二回レッスンしてくれました。

用意するものは、白菜(小玉一個)、葱(一本)、大根(100g)、しょうが(一片)、にんにく(一片)、韓国キムチ用唐辛子(180cc入りコップ半分ほど)、ニョクマムかナンプラー(30cc)、塩(たくさん)です。はじめに、葱、大根を3cmほどの細切りして、しょうが、にんにくを包丁の背で潰して、そこに唐辛子、ニョクマムかナンプラーを入れます。これを混ぜ合わせ、ヤンニョムの完成です。これを馴染ませている間に、白菜の葉をはがさないように、葉と葉の間をさっと塩水(海水程度の濃度)で洗います。次に葉と葉の間に大量の塩を振り、一時間〜二時間放置します。根の部分と葉の部分を持って、くの字に折れ曲がる程度までしなってきたら、ここで塩を洗い流し、真水に一時間ほど放置して、塩を抜きます。塩抜きして、水を良くきったら、ヤンニョムを葉と葉の間に丁寧にすりこみ、一晩寝かせます。翌日から食べることができます。どんな料理にもなるし、手作りの美味しいキムチができますよ!

お役立ち情報

Copyright (C)2017料理好きの韓国人に教わったキムチ.All rights reserved.